BETA CAE Systems Japan取扱製品のアップデートやドキュメントはこちらからログイン

BETA CAE Systems Japanの充実のサポート体制
技術サポート
セミナーのご案内
トレーニング
ベンチマーク

製品紹介

HOME » 製品紹介 » システム要求

ANSAのBETA_LMライセンスサーバーはLinux、Windows上で稼動します。
ライセンス形態はネットワークライセンスとなります。
BETA_LM v6.4をご利用するためには下記環境が少なくとも必要になっております。
<32-bit Platforms & OS>
LINUXOS Version
LINUX glibc 2.3
WINDOWSOS Version
WINDOWS WinVista SP2,Win7,8.10
<64-bit Platforms & OS>
LINUXOS Version
LINUX glibc 2.3.3
WINDOWSOS Version
WINDOWS Win7,8,10

ANSAのBETA_LMライセンス発行には下記①、②情報を弊社へ送っていただく必要があります。

①HOST KEY
BETA_LMインストール後、"beta_lm -host_key" で出力される情報
②端末情報
Linux端末: "hostname" で出力される情報
Windows端末: "ipconfig /all" で出力される情報(コマンドプロンプトで実行)

注)
(1)ライセンスサーバーは、原則的にライセンス期限が終了するまで変更することができません。
(2)BETA_LMは、Virtual Machine環境ならびにNICチーミングを設定しているサーバでは稼働いたしません。
(3)Virtual Machine環境でBETA CAE Systems S.A.のソフトウェア(例:ANSAおよびμETA)を
     利用する場合は、 同一端末においてもソフトウェアを起動した本数分のライセンスが必要になります。
(4)ライセンスサーバーとして使用するPCの構成を変更した場合(例:WinXPからWin7にOSを変更した場合)、
  PCの構成を変更した事でHost Keyが変更される場合があります。
 
   

バージョン:v15.1.0以降

下記環境が少なくとも必要になっております。

<32-bit Platforms & OS>
LINUXOS VersionGraphicsMemory
LINUX v15.1.0以降 サポート対象外        
WINDOWSOS VersionGraphicsMemory
WINDOWS v15.2.0以降 サポート対象外 Hardware Accelerated OpenGL    
<64-bit Platforms & OS>
LINUXOS VersionGraphicsMemory
LINUX glibc 2.3.3 Hardware Accelerated OpenGL 1GB
WINDOWSOS VersionGraphicsMemory
WINDOWS Win7,8,10 Hardware Accelerated OpenGL 1GB
特記事項
①ANSA V14.0.1以降では、ANSAの標準機能(File>Open)を使用してCADデータを直接ANSAへ読み込むことが可能です。
 この場合、CAD-DATAトランスレータのライセンスは不要になりますが、
ANSAのライセンス(100credit)を使用して
 CAD-DATAを変換して頂く事になります。

-CATIA V4 (All 4.xx) [.model],[.session]
-CATIA V5 (R7 - V5-6R2017(CATIA V5 R27)) [.CATPart],[.CATProduct]
  Tesselated data [.cgr]
-CATIA V6 (2011x - 2013x) [.3Dxml]
-3DExperience (2014 - 2015x) [.3Dxml]
-NX (CT based,Unigraphics V11.0 - NX10) [.prt]
-NX (UG Open based,NX8,NX8.5,NX9,NX10) [.prt]
-Parasolid (all - 28) [.xmt_txt],[.xmt_bin],[.x_b],[.x_t]
-Pro/ENGINEER (from WF3 to WF5),
  PTC Creo Parametric 2.0 M140,PTC Creo Parametric 3.0 M020,
  PTC Creo Parametric 3.0 M030,PTC Creo Parametric 3.0 M040
  PTC Creo Parametric 3.0 M090,PTC Creo Parametric 4.0 F000[.prt],[.asm]
-SolidWorks (2007 - 2017) [.sldprt],[.sldasm]
-JT (8.0 - 9.5) [.jt]
-Inventor (2010 - 2017) [.ipt],[.iam]
-CoreTechnologie [.ctp],[.cta]

②ANSAおよびμETA(v14.x.x以降)をご利用頂くにあたり、下記GPU環境が推奨されます。
 ・AMD
   Radeon HD 7xxx, 6xxx
   Firepro W series, V series
 ・NVIDIA
   GTX 5xx, 6xx
   Tesla (all)
 Quadro 2000 - 6000, k2000 - k5000
 ・Intel
   i3, i5, i7
   ("Intel SDK for OpenCL Applications 2012-13"のインストールが必要です。)

③WindowsプラットフォームにおいてANSAを使用する際、下記パッケージがインストールされてることが必須となります。
  [Windows 32bit]
   - Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable (x86)
   - Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable (x86)
   - Microsoft Visual C++ 2010 x86 Redistributable Package
  [Windows 64bit]
   - Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable (x64)
   - Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable (x64)
   - Microsoft Visual C++ 2010 x64 Redistributable Package

本パッケージの詳細については弊社サポート(support@beta-cae.co.jp)へお問い合わせください。

バージョン:v15.1.0以降

下記環境が少なくとも必要になっております。

<32-bit Platforms & OS>
LINUXOS VersionGraphicsMemory
LINUX v15.1.0以降 サポート対象外        
WINDOWSOS VersionGraphicsMemory
WINDOWS v15.2.0以降 サポート対象外 Hardware Accelerated OpenGL    
<64-bit Platforms & OS>
LINUXOS VersionGraphicsMemory
LINUX glibc 2.3.3 Hardware Accelerated OpenGL 1GB
WINDOWSOS VersionGraphicsMemory
WINDOWS Win7,8,10 Hardware Accelerated OpenGL 1GB

特記事項
ANSAおよびμETA(v14.x.x以降)をご利用頂くにあたり、下記GPU環境が推奨されます。
 ・AMD
   Radeon HD 7xxx, 6xxx
   Firepro W series, V series
 ・NVIDIA
   GTX 5xx, 6xx
   Tesla (all)
 Quadro 2000 - 6000, k2000 - k5000
 ・Intel
   i3, i5, i7
   ("Intel SDK for OpenCL Applications 2012-13"のインストールが必要です。)

下記環境が少なくとも必要になっております。
なお、下記環境は以下3つのトランスレータにおいて共通となります。
-CATIA V4,V5 / NX / ProE / SolidWorks / Inventor / CoreTechnologie トランスレーター(CT Based)
-UNIGRAPHICS NX トランスレーター(UG Open based)
-JT Openトランスレーター
<32-bit Platforms & OS>
LINUXOS VersionMemory
LINUX v15.1.0以降 サポート対象外    
WINDOWSOS VersionMemory
WINDOWS v15.2.0以降 サポート対象外    
<64-bit Platforms & OS>
LINUXOS VersionMemory
LINUX glibc 2.3.3    
WINDOWSOS VersionGraphics
WINDOWS Win7,8,10    
特記事項
①CAD-DATAトランスレーターでは下記のCADデータフォーマットをサポートしています。

-CATIA V4 (All 4.xx) [.model],[.session]
CATIA V5 (R7 - V5-6R2017(CATIA V5 R27)) [.CATPart],[.CATProduct]
  Tesselated data [.cgr]
-CATIA V6 (2011x - 2013x) [.3Dxml]
-3DExperience (2014 - 2015x) [.3Dxml]
-NX (CT based,Unigraphics V11.0 - NX10) [.prt]
-NX (UG Open based,NX8,NX8.5,NX9,NX10) [.prt]
-Parasolid (all - 28) [.xmt_txt],[.xmt_bin],[.x_b],[.x_t]
-Pro/ENGINEER (from WF3 to WF5),
  PTC Creo Parametric 2.0 M140,PTC Creo Parametric 3.0 M020,
  PTC Creo Parametric 3.0 M030,PTC Creo Parametric 3.0 M040
  PTC Creo Parametric 3.0 M090,PTC Creo Parametric 4.0 F000 [.prt],[.asm]
-SolidWorks (2007 - 2017) [.sldprt],[.sldasm]
-JT (8.0 - 9.5) [.jt]
-Inventor (2010 - 2017) [.ipt],[.iam]
-CoreTechnologie [.ctp],[.cta]


②WindowsプラットフォームにおいてANSAを使用する際、下記パッケージがインストールされてることが必須となります。
  [Windows 32bit]
   - Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable (x86)
   - Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable (x86)
   - Microsoft Visual C++ 2010 x86 Redistributable Package
  [Windows 64bit]
   - Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable (x64)
   - Microsoft Visual C++ 2008 Redistributable (x64)
   - Microsoft Visual C++ 2010 x64 Redistributable Package

本パッケージの詳細については弊社サポート(support@beta-cae.co.jp)へお問い合わせください。
また、CATIA V5ファイル、Pro-Engineerファイル、JT Openファイルを変換する際には、
別途ライセンス(有償)が必要です。詳細は、日本語ユーザーズガイドを参照ください。

*記載の製品名等の固有名詞はそれぞれの会社の商標または登録商標です。